FC2ブログ
消費者金融から借り入れの時のポイント
消費者金融からお金を借りる時の借り入れポイントをご紹介します。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融から借り入れる時のポイント  トップへ
ブックマークに追加する


スポンサー広告 |      - |


自殺・夜逃げは必要なし!債務整理方法とは?
消費者金融から借り入れをしても月々の返済が滞ってしまい返済する事が出来ずどうしようもなくなってしまった場合についてご紹介しますね。

夜逃げと自殺はする必要がない

消費者金融の取立てから逃げようと夜逃げをする人も世の中にはいます。夜中にトラックを家の前に待たせて、家財道具を載せて出奔するというイメージがありますが、引越し先をどこにも告げずに普通に引越しをして取立てを逃れるということもよくあるようです。

取立てをしてくる消費者金融業者からは逃げられても、また借金をすることが必要となったり、借金の消滅時効は5年(商法第522条)または10年(民法第167条)と長かったりで、解決策としてはお勧めできません。

自殺は絶対にしないで!残された家族の事を考えてください。また家族もその借金に苦しむことになりかねませんし、それに、借金をしていてもあなたを必要としている人がいるので、周囲の人たちのことも考えて自殺はしないようにしましょう。

自分ひとりだけで問題を抱えず、司法書士または弁護士に相談する

次に述べる債務整理をするためには、債務者ひとりではどうにもならない部分があるため、プロである司法書士または弁護士の援助を得ることが得策です。
すなわち、司法書士や弁護士が介入して消費者金融業者に受任の通知をすると、直接債務者に取立てることがなくなります。

消費者金融の悪質な取立てで精神的に参っているのであれば、すぐに司法書士もしくは弁護士に相談に行きましょう。きっと力になってくれます。

次に述べる「任意整理」では、債務者が消費者金融業者と直接交渉しても応じてもらえないこともあり、司法書士や弁護士に交渉してもらうと相手の姿勢が軟化します。

 なお、司法書士と弁護士の違いが、若干あります。

司法書士が受任できるのは、請求額が140万円以下の場合であって、簡易裁判所での訴訟代理が行使できるということに対し、

弁護士は140万を越えるようなものも受任できるということです。

また、司法書士は、任意整理ができるだけで、自己破産の申立をしたり、個人再生の申立をしたりすることはできません。本人が申し立てることになるため、弁護士に依頼するより期間が長くなるようです。

借金返済額が多い場合は、弁護士に相談する方が良さそうですね。

その他にも違いがあります。
借金専門の法律事務所には、東京ですが、雅法律事務所というのがあります。
また、弁護士会・司法書士会ともにサラ金被害の相談に応じています。
相談料は無料か、数千円ですむことが多いようです。

是非、相談してみましょう。解決の糸口が掴めるかも知れません!

雅法律事務所⇒http://www.miyabi-law.jp/


債務整理の方法は4つ

任意整理

債務者の収入の範囲内で借金を返済していけるよう全債権者を相手に債務の減額、金利カット、分割払いなどの交渉を行って、示談で解決していく方法。一般的には弁護士等が交渉を行います。話し合いによる和解・合意等で無理のない返済をしたい方にお奨めします。

個人再生手続き

債務者が個人再生手続開始の申立てを行って、原則として3年間に一定額を弁済する計画を立て、この再生計画案が裁判所によって認可され、債務者が再生計画通りに弁済を完了すれば、残りの債務 が免除されます。会社・家等の資産を守りながらゆとりのある返済をしたい方・保証人に迷惑をかけたくない方にお奨めの方法です。

特定調停

裁判所の調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息 カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。自分自身で行えるので費用が安く済むというメリットもありますが、直接債権者と交渉を行わなければいけなかったり、任意整理ほどの減額が望めないなどのデメリットもあります。債権者が少なければ、司法書士等に依頼すると安く済む場合もあるようです。

自己破産

債務者が自分から裁判所に破産の申し立てをする手続です。自分の全財産を投げ出して、債権者に公平に分配します。とにかくすべての借金をゼロにして再スタートをしたい方にお奨めです。

色々ご紹介してきましたが、焦らずゆっくりご検討されてみてください。
司法書士、弁護士に相談に行く前に、無料もしくは数千円で相談にのってもらえる、弁護士会・司法書士会や雅法律事務所に連絡してみましょう。

参考文献:消費者金融の基礎知識
http://tsaya.sakura.ne.jp/loan/bankrupt.html
このサイトは、とても消費者金融について詳しくご説明がされていてとても参考になります。

タグ:      
スポンサーサイト

消費者金融から借り入れる時のポイント  トップへ
ブックマークに追加する




消費者金融の特徴と金利についてです。
消費者金融の借り入れのポイントについてご紹介していきたいと思います。

消費者金融といっても、良心的な消費者金融業者と、残念ですが悪徳業者の両方存在している事も事実です。

もし、利息の払い過ぎ等で返金してもらいたい場合など冷静に対応する為には知識も必要です。私も消費者金融から借り入れる時がいつあるかもしれませんので調べてみました。

まず、消費者金融とは?

消費者金融とは、消費者を対象とした、一般的消費資金のローンの事を言います。簡単な審査で小口融資してくれます。 また、無担保、無保証で担融資を受ける事が出来、預金を集める賃貸業と異なるため、いわゆるノンバンクとも呼ばれています。

消費者金融の特徴とは?
 
昔からの「無担保・無保証で小口のローン」を専門に行う業者は、消費者金融専業と呼ばれることもあります。

近年では銀行などが法人相手の営業だけでは収益を上げにくくなったことから、大手の消費者金融と合弁会社を作り、消費者金融市場に参入してきています。これらは銀行系消費者ローン会社とも呼ばれます。

モビットはUFJ銀行がプロミス、アプラスとともに設立、アットローンは三井住友銀行が三洋信販と日本生命、am/pmと設立し、キャッシュワンは東京三菱銀行がアコムと組み設立しました。そのほか、もともとの業種により、信販・流通系消費者ローン会社、IT系消費者ローン会社、外資系消費者ローン会社もあります。

消費者金融の金利とは?

大手消費者金融会社はこの上限より少し下回るの範囲で金利を設定しています。
利息制限法は、民事的に有効、無効となる金利の限界を定めており、元本が10万円未満の場合は年20%、元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本が100万円以上の場合は年15%を制限金利と定め、超過部分を無効としています。

この無効は当事者の意思いかんに関わらず、主張できるので、一方的に借主がその超過部分を無効として主張することを認めています。
現在は利息制限法の最高20%まで引き下げるよう、出資法を改正する方向にあります。

みなし弁済の規定とは?
 
消費者金融の貸金業法は、利息制限法に違反する利息であっても、債務者がすすんで支払ったものであれば、一定の要件の下で、これを有効な利息の返済とみなしています。これが「みなし弁済」です。

 貸金業法43条1項(みなし弁済)が認められる要件は三つ

(1)利息として任意に支払ったこと
(2)契約に際し17条契約書面の交付
(3)弁済の都度直ちに18条書面交付
です。

このみなし弁済の要件が満たされない場合、利息制限法違反となる部分の利息を支払っているときには、まず残存元本に充当され、計算上元本が完済となったときは、その後に支払われた金額は、不当利得として返還を請求することができます。

消費者金融は、色々な決まり事が事細かに決められています。月々の利息や金利が法定利息より高くて、利息を払いすぎていれば返還を要求することが出来ます。
消費者金融から借り入れをしたいときは、じっくりと色んな所を見て決めるべきです。

参考文献:消費者金融の基礎知識
http://tsaya.sakura.ne.jp/loan/kaisetu.html
※このサイトは、消費者金融の知識が詳しく掲載されています。とても参考になりますよ。

タグ:     

消費者金融から借り入れる時のポイント  トップへ
ブックマークに追加する




消費者金融業者が登録業者で、金利の安い所を選ぶ
借りる消費者金融業者が登録業者で、他と比較して金利の安いところを選ぶ
 
消費者金融からの借金の利息は、銀行などと比べて高利となっています。
しかも、その金利は一律ではありません。大手の消費者金融では年率25%程度ですが、
出資法により刑罰を受けない年率29.2%(その年が366日の場合は29.28%)までの幅があります。

消費者金融の借り入れをする基準としては、消費者金融業者の貸金業の登録票の登録番号の数字が登録回数になっており、

登録して3年以内だと(1)、6年以内だと(2)、9年以内は(3)となっており、

この数字が多いほど、長く続けており、ひとつの基準になります。

なお、登録自体は比較的簡単にできるので、ヤミ金の多くは都道府県などの正式な登録を受けています。

そして、申込額を上回る金額を貸そうとする消費者金融業者は選ばないようにしましょう。

消費者金融からの借り入れ件数と利用額はできるだけ少なくする
 
本当に必要な額だけ借り、余裕ができたら、まず少しでも返すようにしましょう。

返済のために次々と業者を代えて借入れる、いわゆる「まわし」をするようになると、
利息が利息を生み返済が困難になります。また、多くの返済を管理しなければならず
、取立てと返済金の用意で走り回らなければならないことにもなりかねません。
そのようになったら悩む前に弁護士等に相談しましょう。

債権証書(契約書)と受取証書(領収書)を読んでから保管する

消費者金融は債権証書(契約書)を渡す義務がある(貸金業法17条)ので、交付を受けたら読みましょう。
いざというとき、どのようなことになるのかがこの契約書に書かれています。
また、受取証書(領収書)の交付も義務づけられていますので、必ず保管しておいてください。

参考文献:消費者金融の基礎知識
http://tsaya.sakura.ne.jp/loan/after.html
このサイトは、消費者金融から借り入れる時の知識が沢山載っている素晴らしいサイトです。
とても参考になります。

タグ:   

消費者金融から借り入れる時のポイント  トップへ
ブックマークに追加する


消費者金融から借り入れる時のポイント!
Copyright (C) 2007 消費者金融から借り入れる時のポイント! All Rights Reserved.

Template by 【投資信託のことなら】投信Web / Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。